ケアマネージャーの独立開業



ケアマネージャーの仕事をするにあたっては2つの方法があります。

1.開業
2.施設で働く

ケアマネージャー資格試験に合格し開業する場合には法人格(営利・非営利を不問)を取得し一定の要件を満たした上で都道府県による指定を受ける必要があります。
今はまだ有資格者が少ないので、独立もしやすい環境です。

が、これから増えてくると「単に資格を持っている」だけでは難しくなってくるでしょう。
実務経験はもちろんのこと、あなた自身の人柄や能力なども問われてきます。
その分、年収は開業した場合いくらでも増やせます。
施設でも十分な収入ですが、さらに上を目指したいなら開業も視野に入れてみてはどうでしょうか。

ある程度の収入と、あとは自分の時間がほしいという方は施設働く方がよいでしょう。
大丈夫です、これからの高齢化時代でケアマネの資格があれば、リストラされて職に困るというようなことはほぼないでしょうから。

そのためにも、試験を頑張ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。